June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

平和の火。


今年もこの時期がやってきました


昨年僕がヒッチハイクで北海道に届けた原爆の残り火

「平和の火」 を用いてのキャンドルナイト。


平和の火でキャンドルナイトを行ってくれる方

福岡県八女市星野村から平和の火を運んでくれる方

募集しています


お時間の制約等あると思いますが、

興味ある方

ご都合つく方

是非。


====================================================
◆「原爆の火」で「ごめんなさい」のキャンドルナイト◆
====================================================

毎年夏至(6月22日)は様々な形でキャンドルナイトが
行われています。

・家族揃って夕食時に灯してみたり
・お店の照明を暗くして灯してみたり
・山の中で自然の声を聞きながら灯してみたり

わたしたちは、そんなキャンドルナイトに一つの火を提案します。

福岡県星野村に今も尚燃え続けている原爆の残り火「平和の火」。

キャンドルナイトワンピースはこれまで、「平和の火に触れて
ほしい」とだけ発信してきましたが、2011年夏至では実施して
いただくキャンドルナイトに一つだけリクエストしたいと思い
ます。

それはキャンドルナイトの最中に、「ある少しの時間」を
作っていただくという事です。


3月11日の東日本大震災・原発事故で「被爆」を繰り返した
今の時代を生きる私たち一人一人が、今それぞれがいる場所で

被爆で命を失った過去の先人たちへ
被爆をさせてしまった山や川、大地、生きとし生ける命へ
未来の子供たちへ

この火を灯して、静かに「ごめんなさい」を想う時間です。



電気を消して

誰かを責めるのではなく

自分の心に





◆平和の火でキャンドルナイトを行なうには・・・

『ピースプロデューサー』が開催する『採火セレモニー』に
ご参加いただき、火を受け取っていただきます。

申込締切:5月27日

・各地の採火セレモニーの情報(申し込み先)はこちらです。
 http://onepi-ce.seesaa.net/article/146308586.html
 ※随時更新していきます。

・キャンドルナイト開催情報はこちらです。
 http://onepi-ce.seesaa.net/article/146307497.html
 ※随時更新していきます。



◆星野村から火を持ち帰る『ピースプロデューサー』募集

星野村で開催する採火合宿へご参加いただき、火を持ち帰り、
地域で『採火セレモニー』を開催していただける『ピース
プロデューサー』を募集します。

<星野村採火合宿概要>

日程:6月4日(土)5日(日)
場所:星野村
参加費:4000円程度予定
内容:平和の火・被爆・原爆について学び、火を受け取ります。
申込み:お名前・電話番号を明記の上、問い合わせ先まで
    ご連絡ください。
申込締切:5月27日



◆オリジナルキャンドル

結婚式場の廃キャンドルを使って授産施設で一生懸命作っていた
だいたキャンドル等。
http://www.1pi-ce.jp/ja/goods.html



◆問合せ先

Candle Night 1 Pi:ce(キャンドルナイトワンピース)実行委員会

〒657-0051 神戸市灘区八幡町3−6−19クレアール六甲1F
TEL 070-6682-6338  FAX 078-802-5120
HP:http://www.1pi-ce.jp/  E-mail:info@1pi-ce.jp
ブログ: http://onepi-ce.seesaa.net/

平和のかけら写真展

100703_1546~01.JPG
新潟県長岡市の市民センターで



今日から7月19日(月)まで「平和のかけら写真展」を行います




是非足を運んでみてください


新潟県越後堀之内なう



昨日はマイケルジャクソンのゲリラbeat itの練習に参加



人数が80人ぐらいいて改めて若井さんとカズさんの凄さを感じた




昨日は堀之内のおじいちゃんの家に泊まった




お風呂とトイレを掃除したら喜んでくれた




やっぱり


おじいちゃん一人で寂しいみたいだった



ちょっと笑いながら


この世に未練はない



みたいなことを言ってた




ホントに本心から言っているようで怖かった




堀之内は魚沼産コシヒカリで有名なところ




田んぼが広がってて


風が優しく吹いている




おじいちゃんに聞いてみた


おじいちゃんにとって平和とは何ですか



字を書くのが苦手だから代わりに書いた



足腰が痛くなくて騒げること







当たり前だと思っていた動けることに感謝なんだ




___自分の幸せはなんて小さいもので貴重なものかと思う。

祖母のヒバクシャを持つ渡部久仁子さんが書いた詩の最後の一行



ほんの2ヶ月ほど前


僕はキャンドルナイトワンピース代表のたけちゃんと縁あってお会いした


そのときに原爆の火が燃え続けていることを知った


「凄い!」と思うと同時に

「ホントか!?」という懐疑的な思いが僕の中にあった



僕の好きな言葉の一つにこんなものがある




「信じるな。疑うな。確かめろ」






聞けば毎年福岡からヒッチハイクで北海道に火を届けているとのこと



「面白そう」

「確かめたい」



僕が今回の役を引き受けたのはこんな単純な理由



5月31日新潟出発


途中で


広島の原爆ドーム、平和公園、資料館


長崎の平和公園、資料館

を訪問



だけどピンと来ない



戦争を知らない僕がどんなにイメージに努めてイメージしたとしても



それはリアルを体験した人のそれにどれほど近づけると言うのだろうか




僕は自分自身よくわからないまま


「平和の火」がある星野村に入った




そこでヒバクシャの証言を記録したものを見た




その中の一人の女性が泣きながら語っていた





私は自分が良い人間だと思ってた


だけど原爆が落ちてやっていけないこと沢山やったよ


助けを求めてくる沢山の人がいる中で


私は自分の家族に会いたくてその人達を置いてその場から逃げたんだ




その話を聞いたとき


もし自分がその場にいたら同じことをしていたと思った




そう思ったからこそ



僕は感覚として広島と長崎に原爆が落ちたことがわかった気がした




6月6日福岡県星野村出発



沢山の乗せてくれた人たちが



「今回のことに関わることが出来て良かった」


「北海道に頑張って火を届けてね」



凄い嬉しかった



正直僕が火を北海道まで運べたのは




原爆の火だから



という事実よりも



北海道で火を待ってくれている人がいる



ここまで僕を乗せてくれた人たちとの約束



という思いが強かったように思う




正直寒くてしんどい夜が何回もあった(まぁそれは僕が寝袋を持って行かなかったことにもかなり原因があるんだけど)




俺何やってんだろ



さむっ



ちゃんと期日までに持って行けるかなー



俺がめっちゃ可愛い女の子だったら速攻行けるのに




なんて思ったり思ってなかったり




もし火がなかったら



自分一人の旅だったら途中で家に帰ってた



俺だけの旅じゃなかったから乗り越えることができたし



横になって寝れること


夜風を防ぐ場所があること


布団があること


その有り難さに感覚的に気づくことができた




旅をしていてわかったことは


火に罪はないということ


夜寒かったときにランプとカイロからの暖かさで僕はとても救われた



なんでもそうだけど使う人の意思で



人や自然を傷つけるものにも


救えるものにもなる





日本は平和だ





北海道で広島で被爆した方と話をしたとき、これまで出会ってきた人にしてきたように



「あなたにとって平和とはなんですか」



と聞いてみた



しばらく考えたあと





平和ってなんだろう



まるで空気みたいなもののように感じますね



自分がその中に居ても


ありがたいと思っていなければおしまい





そう書いてくれた




僕は今回

僕に出会ってくれた人たち

平和の火に出会ってくれた人たちが



今実は平和の中にいるということを再確認してくれればいいと思う



できたら遠い海の向こうでは平和じゃない国があることも考えてもらえたらと思う




自分の幸せはなんて小さいもので貴重なものかと思う。





大嶋義章

新潟港なう

無事新潟港に着いた



やっぱふるさとはいい



何がいいかを表現するのは難しいけど



なんとなく


ほっ


とする感じ




今日は新潟のキャンドルナイトに出れそうです



秋田駅なう

秋田駅めちゃめちゃデカい


今日は秋田駅近くのマンガ喫茶に泊まって



明日秋田港からのフェリーで新潟に帰ります





人と一緒にいる時間




独りでいる時間



どっちも大切だなー






青森港着いた〜

100619_1544~01.JPG
そして俺の心も尽きた〜


JRで秋田まで行って



そっからフェリーで新潟帰ろうかなー




さらば北海道ー

100619_1202~01.JPG
昨日は美容師さんの家に泊めさせてもらいました

愛犬のベル

めっちゃ可愛いです



そしてさっき


ぷぉー


ぷぉー



とフェリーが汽笛を鳴らして港から出ました



内藤ファミリーのお母さんと小春ちゃんが見送りに来てくれました




そこを去るときに



誰かが手を振ってくれることの有り難さを感じました



北海道1週間だったけど



ホントに沢山の人に会えて


沢山の経験をさせてもらいました





ありがとうございました



無事函館の美容室来れました!

100618_2321~01.JPG
道の駅から乗せていただいた親娘さんに


平和を書いていただき(携帯では撮ってないので写真はなあです)



無事に函館の美容室に来れました




営業中とはいえ遅くにすみません



12345>|next>>
pagetop